コンピュータウイルス対策 注意点

コンピュータウイルス対策の注意点

コンピュータウイルスに対する策としては、セキュリティ対応ソフトを導入するのは必須ですが、更に注意すべき点を考えてみましょう。
まずダウンロードファイル及び電子メール添付ファイルについては、必ずウイルスチェックを行なうようにする事が重要です。

まず、「ウイルス定義ファイル」というセキュリティ対策ソフトは常に最新の状態にする事を心がけて下さい。
何故なら、新しいウイルスは次々誕生しています。

次に常にバックアップを取る習慣を身に付けましょう。
データの破壊や消去が行なわれると復旧は絶望的です。

バックアップデータがあればデータ復旧も支障なく行なわれるでしょう。
更にはアプリケーションソフトのオリジナルCD-ROMは、最悪の場合インストールし直すといった事を予想して、失くさないようにしておく事が重要です。

「マクロ感染型」のコンピュータウイルスにも充分な注意が必要です。
これはワープロソフトや表計算ソフトに搭載されているマクロ機能に感染するウイルスです。
この対策方法としては、各アプリケーションソフトで設定されているセキュリティの強度を高くし、マクロの自動実行を防止するのがお勧めです。

これは、ブラウザやメーラーに対しても言える事ですが、更にソフトウェアのセキュリティホールに関しても充分な注意を払う必要があります。最低限のセキュリティ対策を実践しても、セキュリティホールが残っていたのでは感染する危険性が高くなるからです。

これを防ぐには、最新のセキュリティパッチを当てる事が重要です。以上を踏まえ、まめなコンピュータウイルスのチェックとコンピュータの動作に異常なものがないかを確認していくのが、適切なセキュリティ対策と言えるでしょう。

軽いウイルス対策ソフト関連情報